結婚式場の利用を依頼【忙しい参列者にとっても嬉しい】

最新記事一覧

挙式で気をつけること

神前式

ルールやマナーを守ろう

福岡県は九州地方の中心であり、東京や大阪などとはまた一風変わった独特の文化を持っています。地元愛の強い方も多く、在住の方や他地域に移住された方を問わず結婚式は地元福岡で挙げたいと考えている方も少なくないでしょう。そんな福岡県内には古くから栄えた日本海沿岸地域を中心に、歴史的にも重要な神社が沢山あります。そうした古くから福岡の人々を見守ってきた神社で挙式できるのが神社挙式で、福岡愛の強い方には打ってつけの挙式スタイルです。ただこうした神社挙式をする場合、気をつけなければならない事もあります。神社挙式は数ある結婚式の中でも特に、ルールに厳しい挙式スタイルと言えます。演出要素が大きい日本のキリスト教式結婚式に対し、神社挙式はあくまで祭儀の一環として行われるという違いが大きくあります。そしてこのルールは新郎新婦だけでなく、両家の両親兄弟や、果ては招待客の親族や友人にも適用されます。神道独特の所作も式の中で出てくるので、普段から神社の祭礼に参列するなどの経験が薄い人には、少し難しく感じられるかもしれません。とはいえ所作については事前に説明がありますし、当日も介添え役や巫女さんによってサポートがあります。ルールも私語、途中退席、撮影などの禁止といった、一般的な公共の場におけるマナーと変わりありません。新郎新婦は覚える所作なども多くなりますが、少なくとも招待客は、私語を慎み、所定の場所で座って静かに式の進行を見守っていれば特に問題ありません。衣服についても礼装であれば和装でも、洋装でも構いません。ただ派手めのものはマナー違反なので、落ち着いた色味で、装飾も抑えめがこのましいとされます。また無音の場面も多く、ちょっとした音でもかなり響くという事は心しておきましょう。式の進行表をめくる音や、アクセサリーの触れ合う音なども耳につくので気をつけてください。

オススメ記事

教会

行いたい場所を選ぶ

結婚式の会場はホテルだったり、チャペルだったりというように種類がいろいろあります。どこで行いたいのか、プランはどんな感じがいいのか検討してみましょう。また、地域も検討することが大切です。大阪なら、ホテルもチャペルも神社もいろいろあります。

神前式

挙式で気をつけること

福岡愛の強い方にお勧めな、福岡での神社挙式ですが、気をつけたいのは挙式中のルールやマナーです。神道独特の所作などについては事前に説明がありますが、式の最中の私語や途中退席などは慎みましょう。また静かな儀式が多く、小さな音でも響く事を心しておきましょう。